お見舞いには避けたいタブーの花

フラワーギフトはお見舞い用にもよくされますが、お見舞いには適さない花があるので、フラワーギフトを選ぶ際には注意しましょう。

避けたい花

鉢植え

基本的には、鉢植えはどんなものでもNGです。
鉢の土は根が付いていますね。
それが、「根を下ろす=寝つく」の発想につながり、昔からお見舞いには避けられています。

白と青、紫系の花は避けること

この色は、どちらかというとお悔やみのイメージです。
病院のお見舞いは、見るからに縁起が良い色合いではないので、避けるようにします。

赤い花は避ける

真っ赤な花は、非常に華やかですが、血を連想させるので、明るい色やオレンジとイエロー系の色が向いているでしょう。

香りが強い花は避ける

病室は公共の場所なので、香りが強い花は避け選択しないようにしましょう。

菊は贈らない
菊は、お悔やみの花で一般的に使用されています。
基本的にお見舞い用には避けたい花です。

シクラメンは贈らない

シクラメンは「死」と「痛み」のような不吉な言葉を連想させることが知られているのでお見舞いには使用しません。

椿は贈らない

椿は非常に華やかですが、咲いた後に花が首からポロっと落ち、不吉なイメージがあるので、お見舞いは避けなければなりません。

アジサイは贈らない

アジサイは華やかですが、花が終わると色あせてしまい、不吉なイメージなので、お見舞いには使用しません。

せっかくのお見舞いのために、贈られた相手が気を悪くするような花は避けるようにしましょう。