フラワーギフトにピッタリの花束

フラワーギフトといえば、思い浮かぶのは花束ではないかと思います。

花束はその名のとおりの花を束ねてセロハン紙、和紙などを用いてきれいにラッピングすることです。
花束は家に戻り、ラッピングを解いて花瓶に生けなおす必要があります。
少し面倒くさいかもしれませんが、自分の思うように生けられるし、花を生けることで花の贈り物を頂いたとう嬉しい気持ちになります。

花束は見た目も華やかで、多くの人々が集まる場所に適切なフラワーギフトです。
例えば、結婚式、発表会などがあります。
また、誕生日や記念日などに直接手渡しで贈るのもいいですね。
あなたの大切な人の日を演出してくれると思います。

花束は花を長めに切った「縦長のタイプ」と、少し低く、丸みを帯びたラウンド型の「ブーケタイプ」があります。縦長のタイプは、結婚式など、多くの人の前で手渡す時にはおすすめです。

写真を撮影するときにも豪華に見えて華やかです。
ブーケタイプは縦型よりカジュアルなイメージですが、非常に洗練されています。
かわいいので、子供の発表会などにもぴったりだと思います。

また、ブーケタイプは、背が低いのでラッピングを解くことによってそのまま花瓶に生けるだけでOK です。

花束を花瓶に生ける場合、必ず水切りしてから生けるようにします。
水切りとは、花の茎を水の中でカットする事です。
水の中でカットする事によって、細胞の中に空気がまったく入らないので、よく水を吸い上げます。

水の中に茎を入れ、根元から1~2cm程度の位置で斜めにカットします。
茎をつぶさないように、ハサミは切れ味が良いものを準備してください。
水を頻繁に変え、少しずつ水切りしていくのが花を長持ちさせるコツです。