お悔やみ用のフラワーギフト

まず把握しておかなければならないのは、お通夜や葬儀の場所はどこかということです。

お悔やみ用のフラワーギフト、枕花と供花があります。

枕花とは故人の枕元に飾る花のことで、お通夜までに贈る事になっています。
相手の負担にならないフラワーアレンジメントがおすすめです。

供花は葬儀当日の霊前に供える花です。
花は贈り主の名前が入った札を立て祭壇の横に飾られます。

お悔やみ用のフラワーギフトの花の色は白と青、紫などを選択します。
花の種類は、白菊、ユリ、ガーベラなどが多いです。

もし相手の事情を知らずにお悔やみ用のフラワーギフトを贈っていいか迷うときは、自分が葬儀に出ることができない場合は四十九日の法要までに贈るようにしましょう。