お見舞い用に贈るフラワーギフト

フラワーギフトを贈る状況には誕生日や記念日などの祝いことだけではありません。

入院された方々のお見舞いに行くことになった場合は、まず何を持って行こうと思いますか?
一番最初に思い浮かべるのは、やはりフラワーギフトではないでしょうか。
花は人の心を楽にし癒します。

お見舞いに持っていくフラワーギフトのポイント

鉢植えなどの根っ子がついているのは避ける

根付く=寝付くにつながるからお見舞いでは避けられています。

白と青、紫などのあまり縁起が良くない色ですので避ける

気持ちが晴れるような、オレンジと黄色などの明るく元気なカラーを選ぶといいでしょう。

そのまま飾るフラワーアレンジメントが、手間もかからずお勧め

最近のお見舞いは、花束よりもフラワーアレンジメントが人気のようです。
病院では、花粉が飛ぶのを嫌がるところもあって、プリザーブドフラワーの人気が高いようです。

お見舞いのフラワーギフトを持って行く時間は入院してすぐより病状が安定してきた時のほうが良いですね。
あらかじめ病室の様子なども知っていると、フラワーギフトを選ぶヒントとなるでしょう。

また、入院中は人に会いたくないという人もいるかもしれないから、快気祝いにフラワーギフトをプレゼントしてはどうですか?